スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

怖くない育児〜出産で変わること、変わらないこと〜

大葉 ナナコ
講談社
¥ 560
(2008-03-14)
コメント:就職したら、20代はとにかく働きたい!そんな想いを抱いていましたが、子どもも欲しいなと思いました。

こんにちは、 FJSの藤谷です。


Fathering Homestay受け入れ家庭の白勢さん

本企画に参加するに当たって、おすすめの書籍はないか?と
お尋ねしてみたところ

大葉ナナコさん

「怖くない育児〜出産で変わること、変わらないこと〜」


紹介していただいたので、読んでみました。


* * * * *

大葉ナナコさんは、現在21歳から7歳までの2男3女の母であり、

1997年ーバースコーディネーターとして妊娠前から出産前クラスを開講

2003年ーバースセンス研究所の設立
       
2005年ー日本誕生学協会の設立

2006年からは東京都青年問題協議会員など
東京都の委員としても活躍していらっしゃる方です。

* * * * *


怖くない育児は、

・育児が怖くなる理由

・はじめての出産、はじめての育児

・私の「育てられ方」私の「育て方」など全11章で構成されています。



読み終わると、気持ちがあったかくなる1冊で

子ども欲しいな、育てたいな、なんて思ってしまいました。


私が印象に残った文章を紹介します。


本編で大葉ナナコさんは、

子どもが生まれてくると、優先順位が変化するだけのことだ。

子どもの誕生で自分が変化するのが怖いという人は、
「大事だと思うことへのスピリットが奪われてしまうのでは?」と
不安を募らせる。

奪われてしまうのではなく、

1番大事だと思っていること以上に

大事だと思えることに出会うといってもいいかもしれない。


と述べています。


自分の大切だと思えるものが増えていく人生は素直にステキだなーと
思いました。


私たちFathering Japan Studentsでは、Fathering Homestay

という企画を進めています。現在子育て中のご家庭にお邪魔して、

パパやママのお話を伺ったり、子どもと遊んだりしませんか?

参加者はまだまだ募集中ですので、こちらもよろしくお願いします♪


ご登録はコチラから♪
まずはお気軽に登録してみてくださいね!

at 08:12, Fathering Japan Student's, 参考書籍

comments(0), trackbacks(0), -