<< 【ホームステイ参加日程一覧】イクメン家庭で子育て体験したい学生大募集! | main | 【NO.17】中野陽太さん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

【読売新聞/男子大学生 育児の実習 1/12】Fathering Homestay企画が掲載されました!

 こんばんは。FJSの西村です。
今朝(1/12)の読売新聞の朝刊の特集「女と男の未来図」で、
「男子大学生 育児の実習」というタイトルで、ファザーリングホームステイについて取り上げていただきました。
---

「仕事・家庭」両立に備え
 東京都三鷹市の会社員(38)宅。訪問した大学3年の柳沢宏樹さん(22)が子ども2人に声をかけ、ミニカーで一緒に遊び始めた。男子大学生らに、子育ての現場を体験させるプログラム「ファザーリング・ホームステイ」の一環だ。
 柳沢さんはプログラム初参加。しかし、大学でも、児童館で子どもの遊び相手となるサークル活動に参加しており、「自分も早めに結婚し、子どももほしい」と思っている。家庭で父親が育児にどうかかわっているのかを見学し、自分もその一端を体験したいと参加した。
 この日は計6時間を会社員の家族と過ごした。夫婦が作ってくれた昼食を子どもたちと一緒に食べたり、公園で遊んだり。「お父さんも子育てに参加していると、家族が一つになっているなあと強く感じます。こんな家庭を持ちたいですね」と話す。
 プログラムは2010年10月、学生団体「ファザーリング・ジャパン・スチューデンツ」(東京)が始めた。代表で大学4年の西村創一朗さんは、学生結婚をしてすでに1児のパパだ。妻の実家に住み、家族を養えないことから、当初は父親であることに誇りを持てなかったという。
 「男子学生が将来の結婚や育児について考える場を提供したい」と、09年4月に団体を設立した。子育てにどの程度費用がかかるか、地域との関係をどう築けばいいかといったテーマでセミナーも開いている。これまで約600人が参加した。
 「私たちの世代が親になる頃には、夫が育児をするのは当たり前になる。でも、自分たちが育った家庭環境は参考にならない。今のうちから育児について考えることで、将来、家庭と仕事を両立させた豊かな生活ができるのではないか」と西村さんは考えている。

---
一番大事なのは、育児や家事のスキルを学ぶということではなくて、
「家族」というものを肌で感じてもらうことです。
ファザーリングホームステイは、
子どもや家族に対するパパやママの思いを聞いたり、感じたり、
仕事と子育ての両立をどうしているのか、
パパやママはそれぞれどんな夢を持っているのか、
普段はなかなか聞けないようなことを遠慮すること無く自然に知り、学べる場です。

なるべく多くの学生に、ホームステイに参加していただき、
仕事も、結婚も、子育ても、すべてひっくるめた「未来の自分」を想像して、
「パパって、なんか良いかも」
と人生にポジティブになれるきっかけを掴んでほしいなと思っています。

1月のホームステイ候補日はコチラからご確認くださいね♪
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

at 00:53, Fathering Japan Student's, メディア掲載履歴

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 00:53, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://fathering-hs.jugem.jp/trackback/52