<< お申し込みフォーム(受け入れ家庭用) | main | 10月16日白勢家ホームステイ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

ホームステイプロジェクトメンバーからお知らせ

 

こんにちは!

こんばんは!

 

法政大学キャリアデザイン学部3年の近藤絹恵です!

 

この度は、このブログを見てくださっている方を始め、Fathering Homestay受け入れ家庭のパパさんたち、そしてFathering Homestayに参加するor参加を希望する学生さんへ向けてのご連絡があります。

 

そもそも、Fathering Homestayって何??という方はこちらをご覧ください。

 

それではさっそく

ご連絡1点目。

 

Fathering Homestayの組織編制が大きく変わりました!

 

え?どういうこと?

 

はい。お答えします。

以前の「担当制」から「プロジェクト制」に変わりました。

 

これまでのホームステイは、受け入れ家庭1つに、FJSメンバーが1人「担当」としてつき、パパさんとの連絡や日程調整、そして担当者として参加学生のホームステイ当日の同行をするというシステムでした。

担当者は自分の担当のパパに1ヶ月先の日程を聞いて受け入れ可能日を設定し、その日程に参加可能な学生の募集をするという流れでした。

 

この手順が、大きく変わります。

 

 

  まず、参加学生を募集する。

その際、「何を学びたいか」「どんなことを体験したいか」をヒアリング。参加可能日と希望の家庭があればそれもうかがう。

  次に、ホームステイメーリス()で学生からの応募があったことをパパさんたちへ知らせる。


(
※ホームステイメーリスというものを新たに作ります。これはパパさんたちが入るメーリスです。ホームステイに関するやりとりをします。)

[] ○○大学の△△さんから応募がありました!育児休業を取得したパパのお話をお

聞きしたいそうです。

 

  そして、条件・日程が合うパパさんはメーリスで返信。

 

  詳細日程調節。


  (
パパとプロジェクトメンバー・プロジェクトメンバーと参加学生・パパと参加学生、この3者が密に連絡を取り合い、当日の打ち合わせをします。)

 

  ホームステイ実施。

 

 

以上のような流れになります。お分かりいただけたでしょうか。

変わったのは順番です。

以前はパパさんに日程をお聞きし、それに合う学生を募集していました。

今後ははじめに学生を募集し、そしてそれに合うパパさんを決定していくという手順です。

 

 

そして!!

このホームステイの運営を行っていくのが「ホームステイプロジェクトメンバー」の根本紗耶子蓮見卓也近藤絹恵です!

 

 

連絡2点目はメンバーの「自己紹介」です!

 

それではさっそく行きましょう!

まずはホームステイのプロジェクトリーダー!ねもっちゃん!お願いしまーす。

 

【自己紹介】

根本紗耶子

立教女学院大学専攻科 幼児教育専攻
 

生まれも育ちも八王子(^^)八王子だいすきっこ(^^)

最近は野球観戦にハマってます!

来年から保育の現場で働く予定です!!

 

【自分が感じている魅力】

いまの学生は、子どもと触れ合う機会がなかなかなく、そのまま結婚して子どもを持つ可能性が高いといわれています。すなわち、[自分の子ども][初めて関わる子ども]になる人が多いのです。

子どもがどんなものかわからなかったり、どの様に関わったらよいか分からなかったりする不安が、虐待や育児放棄に繋がってしまうという悲しい実状もあります。

 

私は学生の皆さんにそのようになって欲しくないのです。

その為には、実際に子どもとかかわり、子どもの可愛さや育児の大変さを学生のうちに感じることが重要だと思います。ホームステイでは、パパさんママさんともお話しすることができるので、不安なことも気軽に相談することができます。

 

ホームステイでの経験は、自分の将来を考える重要なきっかけになると思います。

 

【意気込み】
一人でも多くの学生に参加していただけるように告知をしていきたいです。そして参加してくださった学生さんが満足できるようにサポートしていきたいと思います。
また私自身もたくさんのご家庭にお邪魔して、お子さんパパさんママさんとお話ししたいです(^^)

 

 

 

おおお!ありがとうございます!

ねもっちゃんは幼児教育を専攻しているということで、102日に開かれたイベントでは新田講師の長女彩音ちゃんのお遊び相手として役割を果たし、新田講師からも大絶賛でしたよね。ホームステイの星です。将来の育児の話とかできる頼りになるねもっちゃんでした!

 

 

それでは続きましてはすみん

お願いします。

 

【自己紹介】

蓮見卓也


首都大学東京 航空宇宙について勉強中!

 

【ホームステイの魅力】

・育児のお話聞きつつ気軽に就活のこと聞ける
 FJパパにはすごい人、人事の人も多い。理系から一般職にいった人もいるかも?
・学生生活でなかなか触れることない部分
 世界、価値観広がる。将来の展望ができるようになる。
 物事を先のことまで見据えるきっかけになる
・コミュニケーション能力上がる。社会人と話す貴重な機会を得ることができる。
・将来どんな職業に就きたいかまだわからんない人に考えるきっかけ、参考になる。
FJS独自のイベントだと思う

 

【ねもっちゃんは意気込みも語ってくれたけど…?】

 

意気込みかー。。

ガンガンFHやって就活に役立てたい!
また、社会人と話すことは必ず役にたってくるし、一人の人間として礼儀やコミュニケーション能力を身に付けたい

 

もうちょっと長いほうがいい??

 

 

はい、ありがとうございます!

はすみんはすごくアグレッシブでNHKのラジオに出演()したり大活躍!このあいだは岩手に被災地ボランティアとして行ってきたんだよね。つい最近のミーティングの帰り、「こうして普通に暮らしていると、東日本大震災の被害の甚大さと被災地の生活の苦しみを忘れてしまっている自分がいることに気づく。それはとても悲しい。」って言っていたことがすごく印象的でした。

 

 

それでは最後に私の自己紹介です。

 

【自己紹介】

近藤絹恵


法政大学キャリアデザイン学部3年 専攻はワークライフバランス・雇用問題 ほか

 

あだなは「きぬちゃん」でお願いします。

 

大学に入って1番よかったことは自分が将来やりたいことが見つかったこと。

それと、自分の親を尊敬できるようになったこと。

 

【ホームステイの魅力は】

[]

 

[]

 

[]

 

[]

 

[]

 

[]

 

[]

 

 

詳しくは体験してみてください!

 

 

【意気込み】

ホームステイは学校じゃ絶対に学べないこと、味わえない感動をもらえます。

自分もたくさんホームステイしていろいろなパパと会ってお子さんと遊んで、より多くの学生にその魅力を伝えていきたいです。

 

 

 

以上、プロジェクトメンバーの自己紹介でした!

 

今後は私たちがパパと学生の素敵な出会いをプロデュースさせていただきます。

 

よろしくお願いします。

 

 

ホームステイの参加はこちらから

 

お問い合わせは

fathering.homestay.fjs@gmail.com

まで。

 

at 14:10, Fathering Japan Student's, -

comments(0), trackbacks(0), -

スポンサーサイト

at 14:10, スポンサードリンク, -

-, -, -

comment









trackback
url:http://fathering-hs.jugem.jp/trackback/61